--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.06.01(Sun):遊戯王
大会というと、去年の夏あたりを最後にでてなかったんですけど、久しぶりに出てみました。

人数は確か8人、使用デッキは青眼征竜。



1回戦:シャドール


1本目先攻、○

開幕はテラフォからの渓谷でタイダルを落とし、モンスターは立てず脱出だけ伏せてターン終了。

相手はマスマティシャン通常からリザード経由でドラゴンを落とし、渓谷を割ってくる。
そのあと影依でビースト+エクリプスでネフィリム特殊、効果でヘッジホッグを落としてファルコンサーチ。エクリプス効果でダムドを予約。
そのあと殴ってきたのでとりあえず脱出でネフィリムをどかす。
1枚伏せて相手はターン終了。


こちらは2枚目の渓谷と霊廟を使いブラスター、エクリプスを落として効果でレダメを予約。
さっきのタイダル特殊、続いて幻木通常からレベルコピーを狙うも伏せてあったブレイクスルーに阻まれる。
そのままタイダルでマスマティシャンを倒し、幻木で直接攻撃してターン終了。

相手は闇の誘惑を使用。
何か動いてくるだろうと思ったが、意外にも動かず、何かしらモンスターを伏せただけでターン終了。


今度はこちらが動き、素引きしたダンディを渓谷で切ってテンペストを落とす。
テンペストとエクリプス除外でブラスター特殊、各々の効果でデブリサーチ、レダメ回収。
続いてデブリ通常からダンディを吊り上げデブリ+ダンディ+綿毛2でトリシュ特殊、効果で場の伏せモンスター、墓地の影依、手札の超電磁タートルを除外。
トリシュ除外してレダメ特殊、効果でタイダル特殊。
最後はタイダル、ブラスター、レダメの直接攻撃で〆。


2本目後攻、○

サイドチェンジは
in:闇ミラー×3、コアドラ×1
out:幻木、デブリ×1、テラフォ、 ???(忘れました)

開幕は相手はモンスターとバック1枚を伏せてターン終了。

こちらは渓谷発動から征竜を落とし、巨大ネズミとブレイクスルーを伏せてターン終了。
そうすると相手が直前に蠢き発動でドラゴンを落としてリザードを表返す。これで巨大ネズミがバウンスされ、ブレイクスルーは割られてしまう。


次に相手はドラゴンを除外してワイバー特殊、ワイバーとリザードで直接攻撃、メイン2でワイバーリリースでモンスターアドバンスセット、バック1枚を伏せてターン終了。

(このマッチについては、これ以降がうろ覚えです、ごめんなさい)
こちらは渓谷と霊廟で墓地を肥やしエクリプス効果でレダメを予約。またデブリ通常からガフレ特殊、さらにエクリプス除外込みで手札と墓地の征竜計2体特殊でレダメ回収、ガフレと征竜でクリブレ、デブリ除外でレダメ特殊、効果で征竜を吊り上げる。
各々で攻撃を仕掛けるとアドバンスセットされたモンスターは案の定ビーストで、2ドローの後超電磁タートルを落とす。
メイン2で残りの征竜2でドラゴサック特殊、効果でトークン生成の後、トークンをリリースで相手の伏せを割ってみるとそれは原核で何も起こらない。
とりあえずこれでターン終了。


そうすると相手はマスマティシャン通常からエクリプスを落とし効果でダムドを予約して、さらにエクリプス除外してコラプ特殊で壁を敷きついでにダムド回収、バックを1枚伏せてターン終了。

なのでこちらはコアドラ通常からとりあえず攻撃して超電磁タートルを消費させ、メイン2でドラゴサック効果でバックを割るとブレイクスルーでなんだか嫌な予感。これでターン終了。


すると相手はすかさず墓地のブレイクスルー発動でコアドラを機能停止にし、墓地調整の後ダムド特殊、効果でクリブレ、レダメ、コアドラが吹き飛ぶ。
色々追加されて一斉攻撃されるもドラゴサック+トークンの壁でダメージはある程度軽減。
メイン2で深淵特殊でターン終了

こちらは異次元からの埋葬でリソースを補給し、ブレイクスルーを深淵にチェーンで当てて征竜特殊から盛り返す。


しかしこれでリソースが底を尽き、この後は互いに手が進まず膠着状態かと思われたが、こちらが闇ミラーを発動したところ相手が降参。


2回戦:マドルチェ


1本目先攻、○


開幕カーガンから墓地を肥やし、霊廟と櫃で下準備してターン終了。

相手はミィル通常から効果でメッセン特殊でチケットサーチして発動。そして2体で攻撃を仕掛ける。
バック1枚追加してターン終了。


こちらは櫃で除外したテンペストの効果で加えてあったデブリ通常から効果でカーガンを吊り上げ、効果(コスト)で墓地を肥やした後デブリ+カーガンでブラロ特殊、効果は通ったがチェーンで咆哮を発動される。
なので適当に征竜2体特殊、その2体でドラゴサック特殊してターン終了。

すると相手は手詰まりなのか降参。


2本目先攻、○

サイドチェンジは
in:かかし、フェーダー、G×3
out:コアドラ、トレイン×1、脱出×1、巨大ネズミ、テラフォ

開幕征竜除外から幻木+幻水を揃えて、初手フェルグラ特殊でターン終了。

相手はマジョ通常するもこちらのフェルグラで効果を使えず、バック2枚伏せてターン終了。


こちらは大嵐発動で伏せてあった脱出と月書を割る。確か攻撃の後デブリ+征竜で星態龍特殊でターン終了。

そうすると相手はミィル通常してきたのでGを当てると、ミィル特殊。
どうも手詰まりらしくその後降参。


決勝:ライロ征竜

1本目後攻、×

開幕ライデン通常、効果でルミナスとミネルバが落ち、ミネルバ効果でライデンが落ちる。このあとソウルチャージでルミナスとライデン特殊ルミナス効果でライラを落としてライラ吊り上げ、何も組まずに墓地肥やしに専念する形でターン終了。

こちらは渓谷で幻木を落としてデッキからレドックスを落とす。
続いてデブリ通常、効果で幻木を吊り上げ、その2体でビュート特殊、場のリセットに成功。
脱出とブレイクスルーを伏せてターン終了。

しかし裁き連打に対応できず負けてしまう。


2本目先攻、○

サイドチェンジは
in:コアドラ×2、かかし、フェーダー
out:脱出×3、巨大ネズミ

開幕カーガン、櫃、渓谷、霊廟で下準備してターン終了。

そうすると相手はエイリン通常から攻撃してくる。その後バック1枚伏せてターン終了。このときエクリプスが落ちて効果で裁き予約。


こちらはデブリ通常からカーガン吊り上げを狙うも伏せてあったブレイクスルーに阻まれる。なのでエクリプス含む2体除外で征竜特殊、デブリ除外でレダメ特殊、レダメ効果でコアドラ特殊の後一斉攻撃。これでターン終了。

相手は前のターンに墓地にブレイクスルーを置いており、このターンでエクリプス除外でタイダル特殊、ライデン効果を使うもライロが足りず裁きまで届かない。これを見て諦めの降参。

3本目後攻、×

サイドチェンジはなし。

開幕援軍からライデンサーチ、そのまま通常から効果でいきなりライロが計4種揃う。ひとまずこれでターン終了。

こちらの手札はモンスターだらけで手が進まず、コアドラ通常から仕方なく相討ち(ライデン効果でライロが1枚落ちているので、このときのライデンは19打点)を狙う。


前述の通りこちらは終始手が進まず、もたついている間に裁きを立てられて負け。


結果:2位()

決勝で先攻とれなかったのが痛かったです。


使用デッキのレシピは後日載せようかと思います。

スポンサーサイト
2014.02.16(Sun):遊戯王
開封報告

レリ
テ″ュランタ″ル
アマテラス

ウル
フ°ライム×2
ノ-フ″ックス!×2
ネオタキオン
セフ″ンスワン

ス-レア
カンコ″ルコ″-ム
カイサ″-
レクイエム
銀河戦士×2
フォノン
ヒルメ
オレイア
2013.12.19(Thu):遊戯王
見てくださる方はもう知っているかと思いますが、今回の目玉は過去テーマ補強と、アーティファクト、それからギャラクシー関連ですね。

今回は過去テーマ補強組にだけ触れて、淡々と、感想を述べて行こうかと思います。




~。
カメンレオンから牙王に繋げろってことですかね。

最近の暗黒界はドロー暗黒界ですが、いわゆる4枚目のベージがほしいかっていわれると…
使い手じゃない僕には分かりません^^;(多分、いらないと思います)



テーマ補強としては満点だと思います。
獣戦士軸なら実質ウルナイト8枚体制、魔法罠にも対応なのも◯



上級だと知って絶望した方もいるかと思いますが、テーマ補強としてはまあ及第点かなと。

使うなら2枚ですかね、1枚では素引きした途端に死に札確定ですが、2枚ならば素引きしても同名ssでランク8、闇ということで不乱健になれ、ウイルスの媒体にも化けます。



テーマ補強かと思いきや、色々なデッキで可能性が模索されているもよう。

僕には制約がきつく感じられて、そこまで期待はしてないですが、何かいい戦術が見つかるといいですね。



テーマ補強としては90点。
レベルが判明した時の冷めたムードもありましたし、これはこれでほぼ文句はないのですが、強いていうならばドローソースが欲しかった(使い手並感)。

型どうしようかなあ…
まあ、またの機会に載せます()



とても強いです、はい。
墓地にモンスターがいない序盤、またはそういう状況をこれ1枚で打開できます。

種族もあいまって確実に強化に貢献するでしょうが、新しい戦略には繋がらない(単純にキルパターンの増量)ようなので、伸び幅に注目です。



スコールやオルトロスが捗りますね。
自分が考える分にはそれだけ()



爆発の対象が増えました。
しかし陽炎獣には、いまひとつ何かが足りないような気がします。


以上で締めさせていただきます。
来月も楽しみですね~
2013.06.29(Sat):遊戯王
参加費無料←重要
トーナメント制
参加人数12
優勝者にJUDGEMENT OF THE YAMATOLIGHT1BOX
使用デッキはSSGV(Sinスキドレギアバレーとも)


1回戦:ギミックパペット、後攻、○○
2回戦:カラクリ、後攻、○○
3回戦:青眼魔導、先攻、○○
決勝:炎星(混合)、先攻、○××


1(回戦)-1(本目)
相手は緊張していたのでしょうか、ネクバ下で蘇生、自分の場にカードを残した状態でゴーズなど、ルールミスが目立っていました。
終始Sinサイバーエンドでビートを続けて勝ち。

1-2
同上。なんだかかわいそうでしたが、優勝のためには勝たなくてはなりません。


2-1
初手ナチュビで一瞬絶望しましたが、無零怒は立たず。ギアフレ→フォートレスで返します。
その後は巨竜+スキドレでビートを続けて勝利。

2-2
負け先から大きな動きがなかった(商人立てて終わり)ので、返しのターンに王家の生け贄。919、313、818を落とします。
ネクバで蘇生カードを腐らせ、フォートレスビートで勝ち。スキドレが引けず終始サイドラが気がかりでしたが、杞憂に終わりました。


3-1
初手でSinとフィールド魔法は握れたものの闇ウイルスは握れず、審判を通してしまいます。
Sinサイバーエンドを欠き、1度青眼を通して処理に難儀しましたが、中盤でスキドレを引いてそれ以降は乙女を妨害。
終盤はSinサイバーエンドと闇ウイルスを引いて大暴れ。
リミ解補正込でバテルを攻撃して7500ダメージ、自壊前に闇ウイルス散布で魔導書を根こそぎ破壊してジュノンを腐らせ、巨竜でとどめを刺して勝利。

3-2
相手の負け先でドロールも引けず、仕方なく審判を通しますが、カウントされた魔法はエトワールのみで、大きな負担にはなりませんでした。
次のターンに再び審判されますが、これはドロールで潰します。
ゲーテを鉄壁で阻止、サイクロンで突破されそうになるも2枚目発動でなんとか耐えます。
終始フォートレスビートで勝利。


4-1
初手にSinサイバーエンド+闇ウイルスで待ち構え、リュウシシン効果とハンドから伏せられた2枚の天琁を闇ウイルスで警告共々掃除、もちろんチェーン発動でその時場にいたソウコのパンプを許しますが、2枚目のSinサイバーエンドでそのターン中に強引に突破。
中盤からスキドレを絡め、巨竜+Sinサイバーエンドでビートして勝利。

4-2
リュウシシン→天枢→効果天琁セット→トウケイ→天枢落として天璣→3伏せで厳しいスタート。
フォートレスで耐えますが、途中相手の場がユウシ、トウケイ、炎舞魔法1、炎舞罠2、伏せ1(宣告)で、ハンドがカードカーD、フォートレス、巨竜とあるところを、巨竜を切ってフォートレスを手札からSSとして、宣告にはまりプレミス(カードカーDとフォートレスを切って墓地からSSとすれば、もう1回蘇生できる)。これがもとで敗北。

一つ言い訳させてもらいますと、こういう切り方をしたのは、フォートレスのSSに失敗して、召喚権が残っていたのでカードカーDの効果を使い、速攻のかかしに賭けようと思っていたのが原因です(SS無効ならSSしてないことになるよね、という自分の理屈ですが、無効となってもSSするという行為は行っているということで、実際には不可能です)。
勉強になりました。

4-3
初手が闇ウイルス*2、スキドレ、リミ解、巨竜*2という糞ハンド。伏せは大嵐であっという間にはがされ、相手は天璣→ユウシの綺麗な流れで、何もできませんでした。

今思い返すと、2戦目から相手は鉄壁をサイドから入れてきて、3戦目も変える気配がなかったのですが、Sinサイバーエンドと違ってフォートレスで処理できず、鉄壁を貼られたときに完全に腐ってしまうSinスタをなぜ入れ続けていたのでしょうね。
今更嘆いても詮無いことですが、何かしら有効札と入れ替えていたら・・・


結局準優勝()に終わりましたが、賞品の贈呈は優勝者のみ。限りなく優勝に近づいただけに、悔しさでいっぱいです。
SHSPの大会ではこうはいきませんよ・・・
あっ、フラグ立ちましたね
2013.04.13(Sat):遊戯王
DZW-魔装鵺妖衣
事故要因。
ダークッ、チャー↑ジィ!がやりたい人は使うといいと思います()

Vサラマンダー
典型的な「出せれば強い」カード。
なぜか魔法使い族。

プリベントマト
ハネワタと違って意表を突くことはできませんが、ステータスで差別化を狙えそうです。

マジック・リサイクラー
見世物ゴブリンと一緒に使ってやってください()

エクシーズ・エージェント
効果は悪くないですが、対象のホープとレベルがかみ合わないので、発動しやすくする工夫が必要です。

SDロボ・ライオ
エレファン立ててランク8、ギアギガントとは相性抜群。

SDロボ・エレファン
単体では重いので、リクルーターや他のSDロボの力を借りましょう。

SDロボ・モンキ
☆3なので、エレファンと一緒にエクシーズを狙いましょう。
個人的に☆4ならより使いやすいと思うのですが、モンキ×2でランク3も狙えます。

光天使ウィングス
・・・からのブックス!
光天使の中では一番まし。

光天使ブックス
ブックス!
サモプリ「俺もいるぞ!」な状態。
まさにブックズ!

光天使ソード
自分のメインでしか使えない起動効果なのでヴェーラーに捕まることも。

アンブラル・グール
ステータスが優秀で、悪夢再びに対応。
効果も悪くなく、専用デッキでは活躍が見込めるでしょう。

アンブラル・アンフォーム
ステータスが優秀で(ry
デブリから釣って殴れば実質1枚から4×3エクシーズが可能、グール効果も絡めれば最大で場に☆4が5体。

アンブラル・ウィル・オ・ザ・ウィスプ
ステータス(ry
エクシーズ失敗時の保険がついてはいますが、ダメージは筒抜けで、大きな痛手になりかねません。

限界竜シュヴァルツシルト
これまたステータスが優秀で、悪夢再び、トレイン、エクリプスなど、相性の良いカードが多くあります。
コンボデッキの友。

武神-ヤマト
ヴェーラーが効かず、光および獣戦士サポートを受けられるので優秀。
未来のバテル・ジュノン枠になれるか。

武神器-ムラクモ
今のところは発動条件となるカードがヤマトとスサノヲしかないですが、効果自体は優秀で、使用後も武神降臨で回収できます。

武神器-ヘツカ
同上。

武神器-タルタ
現環境では効果による除去が横行しているので、使いにくいと思います。

武神器-ハバキリ
剣現する武神の存在もあって奇襲性抜群、強力です。
あとは発動条件となるカードが増えてくれれば・・・

武神器-オロチ
ハバキリとはかみ合いませんが、時折使いたい場面が来るかもしれません。

幻獣機ウォーブラン
141でリクルートしたり、羊トークンと一緒にフォーミュラ立てたりとかできます。

幻獣機ブルーインパラス
今のところは出せるシンクロが限られているので、それまでは後半の効果に頼ることになりそうです。

幻獣機コルトウィング
どちらの効果も発動条件が若干厳しいですが、それに見合った働きをしてくれます。
貴重な除去枠。

幻獣機ハリアード
弾幕回避の後もトークンを残しておくことができます。
手札消費が激しくなりやすいので、手札と相談。

孤炎星-ロシシン
ウルフバークとクリムゾン・ブレーダーやリシュンキ、☆3炎星とでブラロを立てることができます。
後半の効果は使い辛く、☆4炎星チューナーとしての運用が主になるでしょう。

猛炎星-テンレイ
どちらの効果も有効に使うには一工夫が必要です。
炎王の急襲とは相性がいいです。

魔導天士 トールモンド
テンプレではたぶん使われないでしょうね。
神判、ラメイソン効果でのSSはロマン。

トリック・デーモン
ステータスが(ry
ガイド対応、雄叫びも持ってこれたり、将来性抜群。

デーモンの騎兵
効果はほぼおまけで、打点を生かすことになりそうです。

戦慄の凶皇-ジェネシス・デーモン
妥協召喚可能、強力な除去効果を持っています。
デーモンデッキの切り札。

アトラの蟲惑魔
制限付きとはいえ、マキュラ以来の「手札から罠だと!?」が現実のものに。
増Gとは相性がよく、引いたそばから展開に備えることができます。

トリオンの蟲惑魔
召喚するだけでアド+1、SSでも別の効果を使えます。

カズーラの蟲惑魔
そのまま攻撃表示で出すと普通に倒されるので、うまく表守備で立てたいところ。
1ターンに1度ではありますが、デッキからのサーチおよびリクルートは強力。
何気に植物族で、前述の2体とは種族サポートを共有できないので注意。

ザ・キャリブレーター
ただの脳筋。
それなりに打点は伸びますが効果であっさり処理されます。
一応サンダー・シーホースでもってこれたり。

桜姫タレイア
弱くはないですが、素引きすると事故要因になりやすいです。

ぴよコッコ
肝心のリクルート対象が事故要因になるので、使いにくいです。
カオス・インフィニティで適当な機皇兵、このカードの効果でデックアールヴを出せばロキに繋げられます(ロマン)。

カメンレオン
キングレムリン対応で、蘇生対象は意外と多め。
速攻のかかしでナチュビ、フォトスラとかで☆8シンクロかランク4。
簡易融合を使うのもいいですが、エクストラの枠と要相談。

飛翔するG
ヴェルズやBKには効果覿面。
シンクロやリリースに使われることがあるのでそれには注意。

イエロー・ダストン
次は何かなー()

幻獣機コンコルーダ
ブルーインパラスに対応するシンクロの1体。
効果が弱く、打点も低く、強いとは思えません。

コウ炎星-リシュンキ
自身の効果と炎舞の効果を考慮してか、攻撃力が低め。
炎星専用でありながら、汎用枠のクリムゾン・ブレーダーに見劣りします。

霞鳥クラウソラス
効果は強力ですが、単体では活躍できないので、他のモンスターとセットで使い、コンボを狙いましょう。
デブリで釣り上げ可能。

魔界闘士 バルムンク
仕方なしにアームズ・エイドを使っていたデッキなら、採用が見込めるかもしれません。
ただし特別打点は高くなく、効果破壊の前に戦闘破壊される可能性も。

幻層の守護者アルマデス
カタストルやオネストに邪魔されず一方的に戦闘を仕掛けることが可能。
ヴェルズではマンドラゴとヴェーラーでそのターンの内に組むことができ、魔導が使う対策カードのリリーを簡単に処理できます。

超念導体ビヒーマス
効果が完全におまけ。
活用するならサイキック族という点を生かし、サイコ・フィール・ゾーンやブレインハザードを。

星態龍
脱出で終了しますが、それ以外には強固な耐性があります。
高レベルでありながら、デブリ+霧の王など、意外と出しやすくなっています。

CNo.39 希望皇ホープレイ・ヴィクトリー
特別強い効果はありませんが、ZWの恩恵に授かることができます。

牙鮫帝シャーク・カイゼル
リバイス、アシゴ、ナイトメア・シャークで十分。

輝光帝ギャラクシオン
消費に合わせて効果が変わりますが、1消費だと次のターンも消費1の効果しか使えず、手札に銀河眼があることもばれるので、基本的には2消費でデッキからのSSを狙いましょう。

廃品眼の太鼓竜
効果は大して強くないですが、専用デッキなら強固な耐性を得られます。

零鳥姫リオート・ハルピュイア
ヴォルカで十分。
糞。

No.102 光天使グローリアス・ヘイロー
カオスエクシーズチェンジでどこまで強くなれるか。
基本的にパラディオスで十分。

No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル
高打点で場持ちがよく、優秀です。
各種ウイルスの媒体になれるのも○。

No.104 仮面魔踏士シャイニング
効果が使えるのはバトルフェイズのみ。
後述のアンブラルの効果を使いたいのでなければルーラーで十分。

CNo.104 仮面魔踏士アンブラル
出すとサイク、シャイニングに重ねることで強力な効果を使えます。
30打点も魅力的で、シャイニング以外からリミテッド・バリアンズ・フォースで出すのもあり。

武神帝-スサノヲ
武神の第2の切り札。
開陽と組み合わせることでドラゴサックとその仲間たちを一掃+大ダメージ。

聖光の宣告者
ガンテツと違って簡単に死ぬので、効果を使いたいなら1回ぽっきりと割り切るか、場に残す工夫を。

RUM-ヌメロン・フォース
バリアンズ・フォースとは相互互換。
お好きなほうで華麗にランクアップを決めましょう。

エクシーズ・レセプション
ガガガマジシャンと一緒に使えば・・・

異次元の古戦場-サルガッソ
非常に頼りないので、デュエル開始前からあらかじめ発動していることにしましょう()

サルガッソの灯台
糞。

武神降臨
武神の返しを強力にサポートします。

垂直着陸
場のモンスターを全てリリースして、緊急発進とコンボ可能。

炎舞-「揺光」
トウケイなどを切りながら、邪魔なカードを除去しましょう。
炎舞の名を冠しているのがポイント。

伏魔殿-悪魔の迷宮-
パンプは上昇幅が大きく、効果を使ったトランス・デーモンが25打点に達し、闇ウイルスの媒体に化けます。
相手の攻撃はフェーダーで凌ぎ、効果発動コストにフェーダーを使えれば儲けもの。

トランスターン
いろいろ使い道があって、
IFでネクロマンサー→デーモン
カラクリで商人→小町
など、将来性豊かです。

黒白の波動
典型的な「出せれば強い」カードで、事故要因になること必至。

一点買い
このカードを一点買いする人を見てみたいものですね()
効果自体は糞です。

逆さ眼鏡
収縮で十分。

エクシーズ・リベンジ・シャッフル
エクシーズ・リボーンで十分。

罪鍵の法-シン・キー・ロウ
生成したトークンはリリースやシンクロのコストに使いましょう。

Vain-裏切りの嘲笑
糞(嘲笑)。

剣現する武神
ヤマトの再利用、ハバキリとのコンバットトリックに使えます。

武神逐
単体では弱いので、工夫してコンボカードにしましょう。

超音速波
対象を超絶なまでに強化できますが、自分のターンにしか使用できず、自壊効果は他の機械族もとばっちりを喰らいます。
使いにくさが目立っています。

蟲惑の落とし穴
単体での使用はデモチェに劣りやすいので、「落とし穴」の名を生かすのがいいでしょう。

エクシーズ・リバーサル
ジェネレーション・フォースでサーチできますが、それを考えても転移のほうが強力でしょう。

シェイプシスター
モンスター扱いの時のステータスが優秀で、ナチュルシンクロやハイランダーを立てるのに使え、複数枚引いても相手のエンドフェイズと自分のターンに分けて使うことでランク2を立てることができ、腐りにくいです。

終焉の指名者
一度決まれば強力に対象を封じ込めることができますが、召喚や攻撃、永続効果は管轄外です。
自分が使いたいカードをあえて除外し、そのデメリットが発動しないようにするのも一考。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。